兎に角があるかもしれない
"

おそらく一生忘れられない
両親のセクースの話で恐縮なんですが・。 20年くらい経った今でも、昨日のようの
ことに思い出します。

少学5年の夏休みが終わりの頃でした。 いつものように飯を食って風呂に入って
一旦寝たんですが、なんか夜中1時頃になっても寝つけませんでした。で、何か
食おうかなと思いつき、1階の居間に行くことにしました。

階段を降りかけたところで、両親の寝室のドアが5センチくらい開いていて、何やら
騒がしい(?)声が聞こえました。

俺は、既に何回も、声と気配を感じたり目撃していたため、ある意味(?)
慣れていました。 時には、部屋に帰ってオナーニのおかずにしていたので。(笑)

だからその時も、 「あ、またヤってるのかな。でもドアしめろよな~ !」と、半分ムカ
ツキながらも、いつものようにスケベ心がムクムクわいてきたので、抜き足差し足で
ドアの隙間に近寄り、息を潜めて、中のようすをうかがいました。

この日は、月の光がとても明るくて、部屋の中はわりと鮮明に見えました。

ベッドの上で、パジャマ姿の父が、あお向けに寝ている母に覆い被さるように
していました。 セクースする前かした後かはわかりませんが、抱き合っていました。
何故か母はすすり泣いていました。 そんな母を父は抱き、キスしたり頭を撫でながら、

「大丈夫や。 何も、心配すんな。○○(俺)も○○(妹)も、ええ子やから。」
「俺がついとるから、何も心配すんな。大丈夫、大丈夫。 愛してるから。待っとるから・・」
「心配すんな○○(母の名前) 愛しとる!俺がついとるから! 」 などと、大きな声で語り
かけていました。 

やたらと 「大丈夫」とか「心配すんな」を繰り返す父に、俺は何か、いつもと違う雰囲気を
感じていました。 なんか、切羽詰った雰囲気でした。

その後、母が半分叫ぶように、
「○ちゃん(父の名前)、私怖い・・!嫌や~。お願い、ずっと抱いてて!怖い!」と
言いました。そしたら父が、
「アホ!おまえがそんな弱気でどうする!絶対戻ってこような、大丈夫やから!」と
叫ぶように言い、なんか、父まで泣き声ぽくなってきて、二人で抱き合って大泣きし
はじめました。

俺は唖然としましたが、目が話せなくてそこから動きませんでした。

しばらくしたら、母の泣き声がなんか喘ぎ声ぽくなってきて、フッと見ると、いつの間にか
パジャマを脱いだ両親がヤってました。 父は何度も母の名前を呼び、今まで見た事も
ないような優しいしぐさと声で、母を愛撫していました。 母は喘いでいるだけでなく、
やっぱり泣きつづけていました。

「絶対直るから。絶対良くなるから。俺がついてるから! がんばって治そうな。
正月になったら、また○○(俺)と○○(妹)とお前で、グアムあたり行こうか!なぁ!」

と、父が母に語りかけました。

その時になって、俺は母が何か病気かケガをしていて、ちょっとヤバイ事になってる
のだということを、初めて知りました。母ちゃんヤバイんか? どんな病気なんや?
何なんだ一体!! と、激しく動転しましたが、俺は何故か一歩も動けず、声も出せ
ないまま、両親をそのまま見ていました。

そうこうしているうちに、母がいつのまにか父の上に乗り、腰を動かし始めました。
ふとんがほとんど剥がれていて、揺れるオパーイが月の光で丸見えでした。
母は泣いているようにも笑っているようにも見えました。

「○ちゃん(父)と結婚して、私とっても幸せや・・。」 みたいな事を、母は言いました。
何故かその言葉で、俺は、勃起しながら泣いてしまいました。
その後、どのくらいその場にいたか覚えてませんが、気付いたら俺は自分の布団で
泣いてました。 その夜は、結局一睡もせずに終わってしまいました。

その翌日、ばあちゃんが家にきました。 母は、「お母さんしばらく病院いくから、ばあちゃんに ご飯つくってもろてね。」みたいな事を、普通に明るく言い、病院に行きました。 
俺は、頭が真っ白になりました。妹は全然わからないみたいで、「いってらっしゃーい!」と
元気に送り出しました。 

母は、そのまま入院し、11月に亡くなりました。 末期の膵臓ガンでした。38歳でした。
父は、男手ひとつで俺と妹を育てあげ、妹を嫁に出した4年前、母のところに行きました。

俺は今、嫁さんとこの家に住んでます。 心なしか、両親の寝室(今はほとんど物置(?)
に行くと、嫁さんとケンカしていても、優しい気持ちになり、すぐに仲直りできる感じがします。
嫁さんもそう言ってます。

"
"

法政大学の越智教授の論文に海外論文が大量にあった。有害でないという検証、エロいものを見ることで犯罪が抑止される効果があるかどうか、オナニーしたら落ち着くということを科学的に検証する研究。

飽和療法satiation、マーシャル教授を中心にアメリカ西海岸で精力的な研究。好みのエロ本漬けにして犯罪する気をなくさせるという実験。通常の性犯罪者の再犯率が32%から14%まで落ちた。

もっとも効果が高いのはペドファイルで、ロリグラビアを大量に与えると再犯率は3%まで落ちる。去勢の再犯率は15%だということと比べると圧倒的。

アメリカの議会では取り上げられているのに、日本ではまったく取り上げられていない不思議。法務省の最新の治療方法についてのリストでも、飽和療法は載っていなかった。検討もされてない。

"

Togetter - まとめ「メイザーズぬまきち講演会メモ」 (via 719043, nanashino) (via otsune) (via taisukeorg) (via nobby0-0)

この論理だと、再販防止に効果があって本質的に被害者の存在しないいわゆるロリポルノコミックやCGは正式に飽和療法や予防に採用すべきじゃないだろうか。

(via yoosee)

少なくとも「今まで自分たちが慣れ親しんできた倫理規範に馴染まないのでガン無視する」なんてことがあってはならない。

(via bbk0524) (via deli-hell-me) (via naotake) (via himmelkei) (via harunya) (via takaki)
"マクドナルドのバイト面接行った時に『あなたはマクドナルドがどのような場所だと思いますか』ってきかれたから「ハンバーガーを食べる場所…ですかね(ゎら」って答えたら真顔で『人が育つ場所です』って言われて面接終わってその場で不採用だった。って話いつしようかなぁ。いつがいい?"
"新入社員で女性のほうが優秀だったりすると、そのことについて議論になり男女の脳の構造の違いの話になったりするけど、あれは単純に就活の入社試験において男性のほうが優遇されていて女性のほうが越えているハードルが高いからで、バブル期入社組より氷河期入社組のほうが優秀なのと同じ理屈だと思う"
"「大人の事情で」と言われた事案は、突き詰めて聞くと大抵、エライ人の「子供みたいなワガママ」が原因なので、今度からはそう言ってください。"
"「全ての人が表現者じゃなきゃいけないような風潮」がすごい気持ち悪いなぁと。



"
(via maako)

(Source: )

"統計学に限らず学問のいちばん大きな力は「世界がそれまでとは違って見えてくる」ということだ。いま自分に見えている世界が唯一の世界だと思い続けたい人には学問は必要ない。"
"十万円を三人で分けると三、三三三…となって割り切れない。いいか、世の中で起きるギャングの仲間割れの原因はこれなんだよ。ギャングは余りが嫌いだ」"
"

同窓会などで数十年ぶりに会う恩師にむかって、「私は先生の教え子の○○です」なんて挨拶は絶対にNGです。先生も残念な気持ちになりますし、周りで聞いている同級生たちにも笑われてしまいます。

<「教え子」は、生徒のほうからは使えない言葉。使っていいのは、先生だけで、中村君をかつて教えたことがあるのなら、「中村君は、私の教え子です」となる。>

正しくは、「先生に師事しました」「先生の薫陶(くんとう)を受けました」です。

"
"

夫が一人で帰省して、自分は家に残っているというケースも発生しなくはないですよね。その際に、夫の会社から電話が掛かってきて所在をたずねられた。「夫は今、里帰りしています」……電話の向こう側でしばし沈黙があったとしたら、心の中で笑われてしまっていますよ!

<「里帰り」という言葉は、本来、夫の行動には使えない。夫が自分の郷里に帰っても、それは「里帰り」とは言わないのだ。正しくは「帰省」である。>

くれぐれも気をつけましょう。

"
"58. 。2010年06月30日 14:33
うちの軽音部に新入生が入ってきて
何が出来るか聞いたら「ウクレレ弾ける」だってさww
しかもマイウクレレ持ってきてんのwww
ウクレレできるからギターできるとか思ってんの?って
笑ってやろうとウクレレ弾かせてみたらすげー上手くて
結果部員みんな影響受けて
のちにウクレレ部になっちまったよ…"
"129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 22:15:34.15
やりたい事はできず、できる事はしたくない

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 22:15:58.85
»129
ニートか

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 22:18:58.87
»132
ゲーテの言葉"
"
何でも飄々とスマートにこなす先輩に「○○さん恋したことありますか」ときいてみたら、「いいね、それ人を馬鹿にするときに使えるね」とスマートに返された。
"
"人は「この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える」と思えたとき、愛を実感することができます。劣等感を抱くでもなく、優越性を誇示する必要にも駆られず、平穏な、きわめて自然な状態でいられる。ほんとうの愛とは、そういうことです。"
"1人を切り捨てて99人を救うのが政治の仕事だとするなら、99人を捨ててでも1人を救うのがフィクションの仕事だと思います。"